W1チョッパー アルミ磨き!

Pocket

ホットロッドカスタムショーへ出展するために製作中のW1SAのフルカスタム車

ダブワンチョッパー マフラー完成!

コイツ

 

アルミ製の部品は紙やすりなどを使って磨き込んでいきます

 

僕は鋳物の肌の質感や、サビやくすみなど時間の経過を感じられる雰囲気が大好きです

ただ、執念を感じるほどに磨き込まれた部品は、それだけで雰囲気やオーラ的な物を感じます。そんなのも大好きです 

どっちも好きなので助かります

あまりギラギラしたアメリカンな雰囲気にならないよう、さじ加減は非常に難しいです

 

ダブワンチョッパー アルミ磨き!

ロッカーボックス

黒ずんでいる所はブツブツの鋳物肌。銀色に光っている所は荒磨きで鋳肌を消したところ

 

ダブワンチョッパー アルミ磨き!

 

タペットカバー

左は完成で、右のは400番の紙やすりの途中

目の荒いのから、だんだん細かい番手にして磨いていって、ケミカルとバフで仕上げます

最後は塗装用の傷消しワックスで磨き傷を消して終わり

 

W1チョッパー アルミ磨き!

ギヤボックス

クランクケースとギヤボックスは、本体は鋳肌仕上げでカバーケースはバフ仕上げです!

 

もちろん通常業務もしていますよ!

W1チョッパー アルミ磨き!

W650シリンダーヘッド修理

バッチグーでございます

ロイヤルエンフィールドのツインが発表されましたね!

このエンジンに似た感じの見た目ですが、どんな乗り味なのか、エンフィールドらしさは残っているのか非常に気になりますね

 

W1チョッパー アルミ磨き!

アマルキャブレター

こちらはもう少しのセッティングでバッチグー予定

 

最後に、イギリスパーツの件ですが現在通関手続きで止まってしまっています

もうじき入荷しますので、もう少々お待ちください

 

Pocket