ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

Pocket

ロイヤルエンフィールド 旧型アイアンモデルの中古車です

1オーナーのフルチューンが施されたカフェレーサー

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

BULLET350をベースにエンジンを612ccまでボア&ストロークアップにてチューニング

 

5速ミッションに載せ替え、馬力アップに伴い純正では力不足となったクラッチは、英国ボブ・ニュービーの乾式クラッチに

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

ベルトドライブです

 

電装品も全てに手が入っています。上のクラッチとの写真、左側のジェネレーター(発電機)は発電量の多いハイプットタイプへ換装

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

正確な点火タイミングを得るために、ポイント式点火からボイヤー製フルトラキットへ換装してあります

これによって点火に関してはメンテナンスフリーとなります

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

メーターは英国スタック製のタコ&スピードメーター

回転数によってランプが点灯し、適切なタイミングでシフトチェンジが可能です

右の小さいメーターはルーカス製アンメーター。発電量の目安になります

新車からそのまま残っている部品は、少しヤレたメインキーマウントだけだそうな。当店もヤレたまま、あえて交換せずに販売させて頂きます

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

キャブレターはケイヒン製CRキャブレター

レトロな外観ながら、加速の鋭さは段違いにアップ致します

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

各部クロームメッキ化した足回り。スイングアームもクロムメッキです

見た目の綺麗さも良くなりますが、汚れがちな足回りはメッキしておくと掃除が非常に楽です

リヤサスペンションは、英国ヘイゴン製。ステンレス製の最高級バージョンです

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

馬力アップに伴い、制動力アップのためフロントはディスクブレーキ化されております

前後のホイールリムは、日本製アルミH型リムになっています

ドラムブレーキへの変更も可能です。ご相談下さい

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

グリメカ製マスターシリンダーとハイスロットル

純正ナセルヘッドを加工してセパレートハンドルが装着されています

 

ロイヤルエンフィールド BULLET350 エンジン612cc

アルミタンクと前後のアルミフェンダー、ワンオフシングルシートやバックステップで戦闘的なスタイル

身をかがめて、バァーーーン!!!と加速していく様は、それはそれはカッコ良かった

 

 

 

詳細画像は下記をクリック!

 

フルチューニングを施した車両ではありますが、ツーリングや通勤の使用に耐えられるよう各部耐久性の高い部品を使用しています

見た目のスパルタンな印象とは裏腹に、気軽に普通に乗れるバイクだと思います

 

※売約済み

Pocket