ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

Pocket

エンジンが掛からなくなったジレラ150

ポイント廻りがなにやら具合が悪いという事ですが、調べてみると圧縮0!

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

 

タペットのクリアランスが無くなって、バルブが開いてしまっていました。

以前オーナーさんの手によって調整済、話を聞くところ特に作業に問題は無さそうなので、一応点検を兼ねて腰上を分解する事に

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

ちっこくて丸っこくて可愛いエンジンです

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

 

ピストンはピン下にオイルリングが入るタイプ。

 俺って、焼き付きやすいタイプの人だから~

と、主張されているような妙な気分になりました。

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

 

バルブは擦り合わせ

片側の当たり面がちょっと広いです

 

特にタペットが詰まった原因は出てこなく、モヤっとした感じに。

直したほうが良い箇所もあるにはあるが、今回は別に・・・ もったいなくね?という事で

今回はそれとなく組み上げて、直して様子を見てみましょうという事になりました。

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

 

当然のように、この手の古いバイクに上死点の合わせマークなどありませんので、自分で調べる必要があります。

写真のプラグの代わりに取り付けるタイプのツールは、プラグの取り付け角度が横過ぎて使えませんでした。

代わりにピストンの頭が丸見えで、目視で上死点を発見

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

 

圧縮は見事に復活したので、お次は点火を決めてしまいます

クラッチは乾式なんですね。カバーが付くし熱もこもりそうだし。渋滞には弱そうですね

 

ジレラ150スポーツ 圧縮抜け修理

 

 

左上に居るのがポイントです。

これがなかなか手強い。

ポイント本体がぐにゃぐにゃ、ポイントベースはガタガタ、ネジを締めるたびにギャップ&タイミングが激変するという・・・

さらにポイント奥の遠心ガバナさんが、特殊なのか?壊れているのか?

とにかく完璧な位置だしは不可能という事で、今回はそれなりにエンジン掛かって走る仕様に

裏ワザを駆使してなんとかなりました

 

まともな点火になった時が非常に楽しみなエンジンです!

Pocket