ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

Pocket

ロイヤルエンフィールドの旧型モデル、カスタム&整備でお預かり中の車両です

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

このバイク、なんと・・・

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

陸送にて入庫。ありがとうございます。

 

ご自分でメンテされてきたけど、限界を感じてきた。

近所のバイク屋さんに修理をお願いしているけど、なかなか原因がつかめない等々・・・

なかなか珍しいバイクですからね! ロイヤルエンフィールドの修理やカスタムなど、自走で持ち込みが出来ない場合は陸送にて受け入れ致します。

陸送料金はお問い合わせ下さい。

あれこれ悩んで無駄なお金を使うより、一発で解決するかもしれません。

 

一度調子が出れば、あとはその状態を基準にしていけば良いわけですからね。

オーナーもバイク屋さんも、調子が良いんだか悪いんだか・・・ あげくにこんなもんじゃねーの?インド製だしなんて言われる始末。

基準的な調子がわかれば、オーナーも馴染みのバイク屋さんも、壊れてんだかなんだか判らないといった事にはならないでしょう。

 

今回は、全体的に点検&修理と、ハンドル廻りのカスタムのご依頼です!

気になる箇所として、圧縮が無いような?キックがおかしいような?といった状態。まずはイヤーンとひっぺがします。

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

キックはスプリングが変なような感じ。圧縮は現状有る。

エンジンの圧縮は急に無くなったり復活したりと、完全に壊れる前にそういった状態になる事があるため、一度普通に整備をしてから試乗してみます。 

でもせっかくなので、エンジンの腰上は開けて点検しておいたほうが良いかもね。

ここらへんは予算次第で臨機応変に対応します。

 

とりあえずヘッド廻りの点検と増し締めから

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

消耗品のバルブステムキャップは摩耗していました。交換です。

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

ロッカーベアリングも、少し摩耗している感じ。でもガタはないのでそのまま使います。

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

エンジンオイルも交換です。

毎回は必要ありませんが、定期的に全部外してストレーナーを点検しましょう。

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

ゴミを要チェック!

 

純正は銅ワッシャーを使いますが、新しく日本製のパッキンを仕入れてみました。

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

今後はこれを使っていきます。各段に漏れが減りますので、液体パッキン無しで行きたいです。

 

オイルラインも良く点検。

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

ここの良し悪しは、測ったりしてわかる物ではないので、手の感覚が全てです。

 

お次はプライマリーを

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

クラッチは全部分解して、各部増し締めと点検。寸法が基準値内にあるか測ります。

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

アルミ粉が出ています。

プライマリーチェーンが伸びて、ケースに擦れていました。

ここも本来は定期的に分解して、増し締めとオイル交換が必要な箇所です。

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

 

ギヤボックスは増し締めとグリスアップをして、一旦試乗しましょう。

やはりスプリングがおかしかったので、交換してバッチシです。 

しばらく動かして問題が無ければOKですね。

 

最後にポイントを点検。

 

ロイヤルエンフィールド 総点検整備 エンジン編

奥のガバナを分解して給油とスプリングの調整。

最後にポイントギャップとタイミングを合わせてやったら完了です。

ここは乗れば乗るほどズレていく部品なので、遠方で不安な方はメンテナンスフリーのフルトラに交換しちゃうのも手です。

だけど、電気食いだったりしますので、全部が全部良いことばかりではありません。

だけど、ポイントをいじくってエンジンが掛からなくなるよりは、安心だと思います。

 

次は車体編です

 

 

Pocket