ドラムブレーキ オーバーホール

Pocket

最近めっきり見なくなったドラムブレーキ。

ですが、後藤屋では当たり前のようにドラムブレーキが現役です。

 

ドラムブレーキは、ブレーキレバーを握ると中身の軸を回転させてブレーキシューを押し広げるようになっています。

その軸にはグリスが塗られていて、スルスルと円滑に動く必要があります。

 

ドラムブレーキ オーバーホール

 

通常のドラムブレーキは、このようにブレーキシューのカスがびしっと溜まります。

 

ドラムブレーキ オーバーホール

 

これがカム

グリスが切れるとブレーキの動きが悪く、特に戻りが悪くなります。

そのまま走行しつづけると、ドラム(ホイール側)に熱が入り、歪んだり利きが悪くなったりします。

 

ドラムブレーキ オーバーホール

 

ブレーキシューのスプリング。

写真のように曲がっていたり、伸びてしまっている物は要交換です。

これが折れると、中で暴れたり噛みこんだりと良い事がありません。

 

ドラムブレーキ オーバーホール

 

綺麗に洗って組み付け。

組み付け後はリンクロッドの調整をして作業完了です。

 

このドラムはツーリーディングのドラムです。一般的にカムが一つのと二つのがあります。 

二つのはフロントに、一つのはリヤに使われる事が多いですね。

ツーリーディング式のドラムは、調整にコツが必要です。うまく合っていない物は目玉が飛び出るぐらい効きません。

調整の話はまた今度。

 

 

Pocket