ロイヤルエンフィールド セルモーター修理

Pocket

ロイヤルエンフィールドのセル付きアイアンモデルの修理

旧型アイアンモデルにも、セル付きのタイプが少数存在しますが、一か所弱点があります

 

ロイヤルエンフィールド セルモーター修理

 

セルモーターのワンウェイクラッチ、これが2万キロぐらいで壊れ気味。

ワンウェイクラッチとは、スターターボタンを押してギューンとセルが回ったっときに力が伝わって、エンジンが掛かったらフリーになるという物。

すこしわかりずらいですが、ギヤの中に組み込まれているベアリングが、時計回りにはグッと固定されて、反時計回りではクルクルと空転するような仕組みです。

 

これが、エンストした時や、ケッチンをくらった時などにギャーン!と逆回転、ようは固定される向きに強引に回ってしまうんですね。

そして、何回も繰り返すうちに、だんだん固定方向でロックが効かなくなってガタが出てきます。

オートデコンプの無い500cc単気筒ですから、しょうがないっちゃしょうがない部分でしょうか。

 

ロイヤルエンフィールド セルモーター修理

 

ニードルベアリングも交換。少し傷んでいます。

 

ベアリング部へ通じるオイルラインの見直しなどをして、なるべく長持ちするように対策をしておきます。

 

現行のロイヤルエンフィールドでは、オートデコンプをキャンセルしている車体はやはり傷みやすいです。

エンジン始動すぐはガチャガチャとうるさく、少ししたら正常なエンジン音になるのはオートデコンプが入っている証拠。

逆に最初からガチャ音無しのはキャンセルされている事も。

 

キックで頑張ってケッチン逆回転するぐらいであれば、迷わずセルで掛けたほうが長持ちすると思います。

現に女性オーナーさんのは長持ちな傾向があります。

 

 

使用パーツで世界制覇!チャレンジ中のエンフィールド

 

ロイヤルエンフィールド セルモーター修理

 

完全ゴム製中国シートが装着されていました。

今日はなにやら凄い構造のフランス製ホーンを持ってきました。

どんどんと使える部品の幅、というより製造国が限られてきているようなので大変だそうで。

今日はインド製の真鍮パーツを色々とご購入。

ありがとうございました!

Pocket