ロイヤルエンフィールド センタースタンド修理

Pocket

ロイヤルエンフィールドは、長い事乗っているうちにセンタースタンドの付け根部分が摩耗して、掛けるのも下ろすのも重たく感じるようになります。

 

センタースタンドを掛けて、リヤタイヤが地面に着く場合は摩耗していて本来は少しタイヤは浮いた状態となります。

 

今回車検でお預かりのアーミーも、かなり傷んでいたのでついに直すことに。

ロイヤルエンフィールド センタースタンド修理

 

本来はエンジンマウントプレートも交換するべきですが、なんとかしてみます。

センタースタンド側のフレームと当たる部分は丸いパイプなのに対して、フレーム側が平たい板の端っこ。

フレーム側の「面」に対して、スタンド側は丸パイプですので、「点」で接触する事になります。

当然一点集中して力が掛かりますのでフレーム側がへこんでいってしまいます。 また「面」と言っても大した面じゃないんだこれが・・・

 

ロイヤルエンフィールド センタースタンド修理

 

へこんだフレーム側が平らになるまで削って、それに合わせてスタンド側も平らに。

これで面と面で接触するようになるので、元よりは耐久性が上がるのかな?

 

ロイヤルエンフィールド センタースタンド修理

 

タイヤが浮くようになって、整備性も上がりました!

 

Pocket