ロイヤルエンフィールド 充電不良

Pocket

バッテリーへの充電が全く行われなくなってしまった、旧型ロイヤルエンフィールド

アンメーターが付いている車体は、アクセルをぶーんと開けた際に+へ針が振れていれば正常です。

今回はアンメーターは、-方向へは動きます。回転を上げても真ん中でプルプルと。アンメーターは正常に動作しているようです。

 

ロイヤルエンフィールド 充電不良

同じデザインの二つ レギュレーター(電圧制御)とレクチファイア(整流器)だ。

小難しい事は良いです、先へ進みましょう。

 

今回はシート下のレギュレーターが全く仕事をしていない症状でした。

エンジン内の発電機は、回転数に合わせて20ボルト以上発電します。

このエンフィールドは12Vバッテリーを積んだバイクですので、それぐらいの電圧に調整してやる必要があります。

 

ロイヤルエンフィールド 充電不良

 

レギュレーターを交換したら、全く充電していなかったのが直りました。

こうして簡易的にバッテリーにテスターを繋いで、回転を上げて14ボルト程度の電圧まで上がれば良いでしょう。

 

全く発電しない故障もありますが、逆に電圧が上がり過ぎる事もあります。

旧型エンフィも、ジェネレーター(発電機)、レギュレーター等の電装部品もそろそろ15年選手も珍しくなくなってきましたね。

アンメーターの動きにご注意を!!

 

まっ・・・、アンメーター壊れてないよね?ってのが前提だけど!

 

 

明後日、11日水曜日は車検業務のため午後からの営業となる見込みです

ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願い致します!

 

Pocket