ロイヤルエンフィールドメインキーとヒューズボックス

Pocket

ロイヤルエンフィールドのアイアンモデルの弱点

電装品ではメインキースイッチがイカレてしまう事が多々あります

 

ロイヤルエンフィールドメインキーとヒューズボックス

 

なんかこう、あれ?ONにしたのにならない もう一回オンオフしたらOKみたいな場合は前兆だったりします

 

 

ロイヤルエンフィールドメインキーとヒューズボックス

 

交換自体はすぐ終わります!

今回バッテリーが上がっちゃった~ という事で入庫でしたので、電圧測るのに一応バッテリーボックス開けておきます

 

ロイヤルエンフィールドメインキーとヒューズボックス

 

結果、バッテリーは問題無し 

どこも問題があるわけではなかったのですが、ヒューズボックスを交換しておきます。

 

純正のヒューズボックスはガラス管ヒューズを使用しています。そしてガラス管用のヒューズボックスには二種類あります。

管を上下から挟んで留めるタイプ バネの力を利用して押さえているため、割と接触不良を起こしづらいです。ガラス管に拘る方にはこれをおススメしております。

もう一個はポコッとはまっているだけのタイプ。 これははまっている部分が緩くなって接触不良を起こしがち。エンフィールド純正はコレ

そしてそして、ガラス管ヒューズ本体がぶっ壊れてしまう事も。 見た目に切れていなくてもテスターで測ると切れているとかね。

振動でポロッと内部が折れて壊れていたりと

 

ロイヤルエンフィールドメインキーとヒューズボックス

 

なんべんもブログに書くのは、ヒューズ切れが原因で走らなくなってしまう事が非常に多いから

バイク修理の知識の無い方は、ブレードヒューズにしておいたほうが安心ですよ~

 

 

Pocket