イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLETG2 レストア分解編3

Pocket

イギリス製の古いロイヤルエンフィールドのレストア

前回のブログはこちら イギリス製ロイヤルエンフィールド G2BULLET レストア分解編2

 

車体はすでにバラバラに。

ホイールを分解していきます

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLETG2 レストア分解編3

昔のタイプ 通称片ハブと呼びます

1950年代ぐらいのオートバイで主流でした

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLETG2 レストア分解編3

ホイールリムはイギリス車のいわゆる丸リム

状態は錆が出てメッキが剥がれて、あまり良くはありませんが貴重な物なので再メッキで復活させます

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLETG2 レストア分解編3

スポーク&ニップルも再メッキで綺麗に直す予定でしたが、状態の特に悪い物が数本。

再使用は難しそうなため、イギリスへ新品を発注する事にしました

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLETG2 レストア分解編3

塗装物もあまり状態は良いとは言えず、外装はパテが厚めに入っています

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLETG2 レストア分解編3

前は青かったみたいよ!

 

ペイント屋さんへ持っていきましたが、一旦引き上げて地金の板金修正などをしてから再持込する事となりました

オーナーさん、気長にお待ちください

 

Pocket