ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

Pocket

ロイヤルエンフィールド クラシック350の車検整備!

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

 

まずはオイル漏れの激しいエンジンから

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

全体的にべちょべちょになってます

 

シリンダーヘッドを増し締めするためにロッカーカバーを外すと、パッキンが劣化しています

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

新品に交換して様子見ですね! おおかたこれで止まる予定。

 

エンジンオイルは半合成のアマリーオイル

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

容器の色が前と変わりました

 

フロントブレーキは

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

定期的に掃除が必要です。全部分解しなくても、掃除をして新しいグリスを入れてやると動きがしなやかです

 

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

綺麗にしてパッドは面取りしますよ

 

ブレーキの液も定期的に交換が必要

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備交換前後。2年でこれだけ汚れます。

グニョグニョした汚れが底に溜まって、さらに放置するとブレーキラインにグニョグニョがいってしまいます

 

クラシック純正装備のウインカーはとにかくショボイ。

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

振動で中身が割れるのが定番です。

さらにアース線が寄って触れているだけなので、こんな感じで割れるとウインカーが光らなくなります

 

ロイヤルエンフィールド クラシック 車検整備

ハンダでアース線を固定してから、割れてる部分を接着剤で止めてテープで締め上げます

次はボディーを固定しているネジ部分が割れてくるはずなので、そうしたらゴミ箱へダンクシュートしてやります

 

あとはグッ!と鳴く後ろブレーキを直したら車検を受けて整備完了です

オーナーさん少々お待ちを!

 

 

Pocket