ロイヤルエンフィールド エンジン腰上オーバーホール

Pocket

ロイヤルエンフィールドのエンジン腰上オーバーホールが2台

 

まずは、バルブシート不良のこちら

ロイヤルエンフィールド 腰上オーバーホール

製作入替です

 

バルブガイドもガタがあったので製作入替

ロイヤルエンフィールド 腰上オーバーホール

こちらはバルブステムシールが付くタイプ

 

もう一台のエンフィールドは

ロイヤルエンフィールド 腰上オーバーホール

ステムシール無しのタイプ

その分、オイルを掻き落とすため先が尖った形状になっています

 

もう一台はピストンの焼き付き

ロイヤルエンフィールド 腰上オーバーホール

吸気側

初めて持ちこまれた時点でキャブレターが変更されていましたが、どうもキャブレターのセッティングが合っていないんじゃないかと思います

壊れなきゃ良いけどと思いながら送り出しましたが、高速道路でご臨終です

エンフィールドの場合、一発で焼き付いて終了!というよりは、ジワジワと焼き付いて傷が入り、写真のようになった時点で異音だったりパワーダウンやエンストなどの症状が出ます

それまでは健気に走りますが、ジワジワとダメージは蓄積されていきます

 

ロイヤルエンフィールド 腰上オーバーホール

新しく使用するピストンはオーバーサイズのハイコンプレッションピストン

 

ロイヤルエンフィールド 腰上オーバーホール

2台とも組み上がっております!

 

ピストンを交換したほうは、現在慣らし中です。距離がかさんだら、ご注文頂いている本革サドルシートを装着して完成!

店主ゴトウのケツは驚くほど尖っているので跡が付いてしまうのです

Pocket