トライアンフT140 ワンキャブ化

Pocket

ツインキャブ仕様からワンキャブ仕様へチェンジ!

トライアンフT140 ワンキャブ化

750ccのトライアンフ

 

エンジンの分解整備は、分解1の洗浄点検が8の組み立て1みたいな感じです

料理と一緒で、下準備こそが肝です。料理は出来ないんで知らないですけどね

 

トライアンフT140 ワンキャブ化

750は行儀よくキャブレターが並んでいますね

650は偉そうに広がっています

 

トライアンフT140 ワンキャブ化

はい分解終わり

カーボンが結構積もっています!

 

こちらはシリンダーヘッドの燃焼室側

トライアンフT140 ワンキャブ化

積もっています!

 

今回は、別のシリンダーヘッドを加工して準備済み

トライアンフT140 ワンキャブ化

綺麗でしょう!

 

バルブ

トライアンフT140 ワンキャブ化

これは新品

トライアンフは古いバイクでも部品が豊富で良いですよ~

 

トライアンフT140 ワンキャブ化

シリンダーは洗ったらペイントが剥がれました

このままだと錆がすぐ出るので、ペイントしてから組み付けです

 

ピストンに戻って

トライアンフT140 ワンキャブ化

ペロッと乗っているカーボン

これが何かのはずみで剥がれた時に、バルブの密着面に噛み込む事があります

そうすると圧縮圧力が漏れてしまい、気の抜けたダサいエンジンになってしまいます

 

トライアンフT140 ワンキャブ化

なので、ある程度綺麗にしてから組み立てます

さらにピカピカにバフ掛けしてからの組み立ても別料金で可です。カーボンが積もりにくくなります

 

トライアンフT140 ワンキャブ化

なにかで漏れ止めされているロッカーボックス

このタイプの構造は、車種問わず漏れやすい所

 

トライアンフT140 ワンキャブ化洗浄してから、中のOリングを交換です

 

このほかにネジの目立てや歪みの点検などなどを済ませて、準備完了です

 

つづく

 

明日21日は、17時にて営業終了します

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します!

 

Pocket