ロイヤルエンフィールド シリンダーヘッド修正&ネジ山修理

Pocket

ガスケット抜けによって、圧縮不足になったエンフィールドの修理です。

 

ヘッド側は綺麗に面を整えて・・・

ロイヤルエンフィールド ヘッドガスケット抜け

 

単体チェックでOKだったはずのネジ山が、最終局面でお亡くなりに・・・

組み上げた状態でのネジ山補修は、場所によっては不可能な事も。

今回はギリセーフの部分です。

 

切り粉が入らないように気を付けながらタップ立て。

ロイヤルエンフィールド ヘッドガスケット抜け

 

これを使って直します。

ロイヤルエンフィールド ヘッドガスケット抜け

 

これはメーカーによって名称がさまざま。リコイル、ヘリサート、コイルインサートなどなど。

一回り大きなタップでネジ山を作り、そこにこのバネ状の物を入れていくと、バネがネジ山になります。ネジサイズを変えずに修理が可能。

これはネジ山の補修&強化に使います。

アルミ製部品で強度が欲しい場合や、板厚が薄い場合には新品状態でこれを入れておくと強力に。

ただし、簡単なようで結構ムズイです。一発斜めに掘ったら最後。

この作業はメカニックの腕の見せ所、ダサい仕上がりで笑われぬよう気を付けて作業します。

 

これは委託販売車両です

ロイヤルエンフィールド ヘッドガスケット抜け

 

ジレラ 150スポーツ

 

ロイヤルエンフィールド ヘッドガスケット抜け

 

エンジン掛かって普通に走行可。

まさしく、かつてのイタ車といった感じの軽快にふけ上がる小さなスポーツ車です。

税込270000円の現状販売です。

すぐに詳細画像出します。

 

ロイヤルエンフィールド ヘッドガスケット抜け

 

 

Pocket