イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLET G2のレストア とりあえずエンジン始動

Pocket

明日は車検業務などのため一日中外出しております

よって、お店はお休み状態となります!

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します

 

長らく作業をしているイギリス製BULLET G2のレストア作業

なるべく安心して乗れるように、全ての電装を一新します

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLET G2のレストア とりあえずエンジン始動

ハーネスも新品にします

ハーネスは古くなると配線被膜が硬くなり、ボロっと割れて中の線が剥き出しになったりします

どこかにショートしてヒューズが切れたり、ショートどころが悪いと燃えます

 

なぜ新品ハーネスなのにひん剥かれているかというと

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLET G2のレストア とりあえずエンジン始動

何か所も分岐している所がありますが、圧着端子で配線を分岐させています

それ自体は悪くないのですが、たまに抜けてしまう事があるのです

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLET G2のレストア とりあえずエンジン始動

なので、当店では基本的に新品は一旦ひん剥いて全てハンダ留めしてからテープで絶縁します

もう、メインハーネスの中で接触不良を起こした時なんか、原因追及が非常に大変

オーナーのため、自分のため、次に触るかもしれないメカニックのため ともいえる作業です

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLET G2のレストア とりあえずエンジン始動

各カプラー内の端子も怪しいもんなので、全部点検しておきます

新しい配線は綺麗で気分が良いですね!

 

イギリス製ロイヤルエンフィールド BULLET G2のレストア とりあえずエンジン始動

本来シート下にあるレギュレーターやウインカーリレーなど、見栄え的に邪魔くさい部品たちをツールボックス内に収めます

そのための加工も済ませておきます

 

配線が繋がれば、とりあえず早く試したかったエンジンを

とりあえず快調!

良かった良かった

Pocket