• Information
  • For Sale
  • Custom File

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント


 

 

まずは分解!

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

フロントフォークはオイル抜き中です

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

今回は、どうしてこの色に??

という事であんまり人気の無い高年式用のハブの内側と

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

このフロントフォークのアウターを黒くペイントします

ペイントの食いつきを良くするためにこすっている途中ですが、元があんまりピカピカなので何かすいませんという気持ち

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

ホイールの内側は元々のペイントがポロポロと劣化で剥がれてきている部分も

さらにその下は母材のアルミの腐食も進んでいます

腐食はこすり落としておかないと、上から塗る塗料の食いつきも悪い上に、無理やり塗っても塗装の下で腐食が進むため完全に落としておきます

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

やっと綺麗になりました

ポロポロと簡単に落とせるのは全体の2割ぐらい、あとの6割はまぁある程度頑張る奴。残りの2割は気合が入っていて大変でした

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

塗料がついたら困る所にマスキングをします

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

2液のウレタン塗料というので塗るので、こんなスプレーガンというので塗料を吹きます

左が下地用に使っているので、右のがメインの塗装用です

大きい缶に塗料が入っていて、硬化剤というのと粘度を調整するシンナーを混ぜて吹き付けます

使うたびに分解してシンナーで掃除する必要があり、都度塗装する場所の掃除も必要。と、非常に面倒な作業なのである程度の数をまとめて行いたい作業です

非常に面倒ですが、やっぱり2液ウレタンが綺麗で耐久性も良いので目立つ部分はこれしか無いですね

 

 

 

ロイヤルエンフィールド ハブとフォークアウターのペイント

 

乾かし中

外装ならこの後さらにヤスリ的な物で削ってから、ポリッシャーで研磨していくのですが、外装以外はこれで終わりが自然でカッコ良いと思います

足まわりが黒くなると締まって見えるので、随分雰囲気が変わりそう

オーナーさん、完成をお楽しみに!